インプラント後のメンテナンスを受ける頻度

インプラントを長持ちさせるためには、普段自分で行う口腔ケア意外にも、定期的な歯医者でのメンテナンスが欠かせません。
メンテナンスを怠ってしまうと、インプラント周囲炎などの口腔内の異常を引き起こしてしまうリスクが上がってしまいます。
また、定期的に口腔内をメンテナンスしてもらうことで、インプラント以外の健康な歯の維持にも繋がります。定期的なメンテナンスは口腔内にとっていいことしか引き起こさないため、インプラントの寿命のため、お口の健康のために定期的なメンテナンスにいきましょう。

インプラント自体のメンテナンスは、大体半年に1回ほどが最低ラインだと言われています。これはインプラントや口腔内の状態によります。多くても3ヶ月に1回ほどの頻度となります。
また、できる限りインプラント治療を行った歯医者に通うようにしましょう。もし、その他の歯医者でメンテナンスを受けることになった場合は、インプラント治療を行った歯科医に最低でも使用したインプラントメーカーや種類を聞いておくといいでしょう。「メンテナンスは他の病院に通いたい」と伝えれば、転院先の歯科医師に知っておいて欲しいことを教えてくれるはずですので、しっかり聞いて把握しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。