歯のステイン対策、その方法とは?

歯の色はその人の象牙質の色によって一人ひとり異なっていて、歯のステインとは歯の表面に付着する着色性の汚れの事ですが、着色の原因は幾つかありますのでその対策について知っておきましょう。

内部要因は歯の神経を取り除く手術を行ったり、加齢によって歯のエナメル質が減ってしまうと黄色く変化してしまうのです。

歯の色が変わる外部要因は飲食物やタバコであり、摂取する事によって歯の表面にステインが沈着してしまうのです。

虫歯も歯の表面を溶かすため、虫歯が進行すると歯の表面が黒くなり、歯の神経が死んでしまうと歯の表面の色も変化すると言われていますよ。

歯のステイン対策として、飲食後に歯を磨いたり、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です