歯ぎしりによって起こる症状と影響とは?

歯ぎしりは主にストレスなどが原因で、就寝中に無意識的にやってしまうというものですが、放置しているとどんな悪影響があるのでしょうか?

しかし、歯ぎしりを無理やり直そうとするとストレスが過度にかかってしまい、他の疾患にかかる可能性もあるのだそうです。

歯ぎしりが続いていると歯がすり減ったり折れてしまったり、頭痛や肩こりを引き起こしたり、歯周病の悪化や顎関節症などの疾患になりやすくなったりという事も考えられるのです。

歯ぎしりを治療したいのであれば、歯科クリニックでマウスピースの使用や歯列矯正など治療を受ける事も考えましょう。

セルフでできる対策として、ストレス解消や枕の高さを改善して眠りやすい環境を整えたり、生活習慣を改善して睡眠のリズムを整えると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です