インプラント治療で起こり得るトラブル

インプラント治療は素晴らしいものですが、それ故に安易に飛びつかずに起こり得るトラブルも理解しておく必要があります。

特に知っておきたいのがインプラントを埋入した10年、20年後に起こり得るトラブルです。
10年間全く問題なく機能していたインプラントが、歳を取るにつれて自然歯と共に位置がズレてしまい、正常に機能しない、審美性に欠ける状態になってしまったという報告も少なからず上がっています。
また、逆にインプラントの噛み合わせのちからが強すぎて合わさっている天然歯がすり減ってしまったり、亀裂が入ってしまったりというような、天然歯に影響を及ぼすトラブルも起こっているそうです。

もしインプラントを考えているのなら、このように長期的にトラブルが起こるリスクを抱えていること、インプラントだけでなく天然歯にも影響を及ぼすリスクがあることも知っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です