知覚過敏の原因とは?

冷たいものを口に含んだ時に歯がしみる・・・こうした虫歯以外の歯がしみる症状は知覚過敏と呼ばれます。
知覚過敏による症状は冷たいものを口に含んだ時意外にも、温かいものや味の濃いもの、歯磨きで起こります。

この知覚過敏は、歯の中にある象牙質が何らかの原因で露出している状態です。
本来は歯の中にあるため、僅かな刺激は感じませんが、露出していることでちょっとした刺激でも過敏に感じてしまう状態となります。

この知覚過敏を引き起こす原因はいくつかあります。
その中でも大きな要因として挙げられるのが、歯周病です。歯周病が進行したことで歯根が露出し、刺激を過敏に感じてしまうのです。また加齢によって歯茎が下がってしまっている時も同様の理由で刺激を感じます。
他にも過剰な力で歯磨きをしていたり、歯ぎしりや食いしばりによって歯に傷が出来てしまっていても刺激を強く感じる状態です。

また、歯に異常はなくても、ホワイトニングの薬剤の影響で痛みを感じることがあります。
ホワイトニング薬剤は非常に強い刺激を歯に与えるため、ホワイトニング中・ホワイトニングが終わった後しばらくの間知覚過敏を起こすことがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です