歯の神経治療に時間がかかる理由

歯根の治療を経験した事がある方は多いと思いますが、小さい器具でちまちまと何かしてるな〜と思いつつも、ずっと口を開けっ放しにしなければいけないので結構キツかったりします。
では一体どういった治療をして時間がかかっているのでしょうか。

インプラント
まず歯の神経が死んでしまうと、神経と、その死んだ神経に増殖している細菌の両方を取り除かなくてはならなくなります。
その為に、最初、歯の頭部分を削り落とし、その状態で針の様な器具を使って根っ子にある神経を取りにいったら、元々神経のあった場所に弾力のある薬を詰めます。
そして歯の中身を詰める為に、中に土台を立てて被せものをしていき、最後に被せものをします。

全体的に細かい作業が多いため、神経治療にかかる時間は長くなってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です