奥歯にインプラントを入れるメリット

奥歯は前歯と比べて目立たない部分なので、歯が1、2本無くても放置してしまう方が多いです。
しかし、奥歯は歯全体の機能に重要な役割を果たしているため、奥歯が無いと噛み合わせ全体が崩れてしまったり、しっかりと物を噛めなくなってしまいます。
そこで無くなってしまった奥歯を補うのにオススメの治療法がインプラントです。

奥歯をインプラントにする大きなメリットは、入れ歯のような痛みや違和感がないことでしょう。
奥歯は物を噛む時に一番力が入る部分なので、入れ歯だとその痛みがダイレクトに歯茎に伝わってしまいます。
しかし、インプラントは自分の歯とあまり変わらない使い心地でお使いいただけるため、痛みや違和感を感じません。

また、奥歯が無い状態だと、息が漏れる影響から発音しにくい言葉が出てきます。
入れ歯だと会話中に外れてしまう心配もありますが、インプラントならそういったこともないので、会話を集中して楽しめるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です