インプラントの耐久性

インプラントは10年以上耐久があるという話もよく聞きますが、実際はどうなのでしょうか?
インプラントの耐久性についてインプラントの専門医が直接話してくださっているので、まとめてみました。

インプラントの耐久性

インプラント
インプラントを入れてみようと考えたら、誰もがその耐久性について気になるのではないでしょうか。
結果だけ先に書きますと、現在使われているインプラントはチタン製で壊れにくくなっているそうです。
中には30年前に入れたインプラントが現役で使えていると言う例もあるとのことでした。

インプラントの生存率について、国内のデータですと10年後が95%、20年後でも90%の高い数値となっています。
この結果だけを聞くと「じゃあインプラントは一生持つと考えてもいいの?」と考えてしまいそうですが、やはりダメになってしまうケースもあります。
インプラントがダメになってしまうには、大きく分けて「初期の失敗」と「後期の失敗」に分けられるそうです。

まず初期の失敗というのはオペの失敗です。
この場合ですと、もう一度インプラント手術を受け直すしかありません。
後期の失敗は歯を食いしばる事が多かったり、歯ぎしりをしてしまったり、歯周病になってしまうと言うケースです。
特に歯周病はインプラントでもリスクとしてあるため、定期的なメンテナンスが重要です。
そのため、インプラントを受けるのならばアフターケアがしっかりしている所がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です