被せ物を支える歯の土台はどう選ぶ?

根管治療をすると歯に大きな穴が開く為、被せ物を被せる前にそれを支える土台を選ばなければなりません。
この土台にはいくつかの種類がありますが、それぞれメリット・デメリットがありますので、それらを知った上で自分に合ったものを選びましょう。

土台には大きく分けて鋳造コアとレジンコアの2種類に分けられます。
歯冠があまり残っていない場合は鋳造コアの中から、ある程度残っている場合はレジンコアから選ぶことになると思います。
鋳造コアの中でポピュラーなのがメタルコアです。天然の歯よりも高い強度があるので負担が大きい奥歯にも使用出来るものの、弾力性が無いので強い負担をかけすぎてしまうとかけてしまう可能性もあります。
金属なので金属アレルギーの方が使えないのも注意したいポイントです。

レジンコアの定番はファイバーコアでしょう。ガラス繊維の土台にレジンコアを組み合わせた土台で、弾性があるため歯が欠けることを防げます。
非金属なので金属アレルギーの方も使用出来る優秀さから多くの歯科医院でしようされていますが、保険適用と適用外のものがある点に注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です