ある病気になると失う歯が2倍に!

誰もが歳を取ってもできるだけ歯を残したいと考えますが、ある病気にかかってしまうと失ってしまう歯の本数が2倍になってしまいます。

その恐ろしい病気とは「糖尿病」です。
糖尿病の人は正常な人よりも約2.6倍も歯周病になるリスクが高くなってしまい、歯が抜け落ちることに繋がります。
しかもそれだけではなく、歯周病によって血糖値が上昇する事で糖尿病の悪化に繋がる・・・つまり、歯周病と糖尿病はそれぞれが悪影響を与え続ける恐ろしい病気なのです。

糖尿病の患者の歯周病を治療する事で血糖値が改善されたという治療報告もあることで、歯周病の改善が糖尿病の改善にも繋がると考えられています。
口腔内の健康を維持する為には、歯茎ケアも欠かせません。
歯周病は糖尿病だけでなく、脳梗塞や心筋梗塞などの様々な全身疾患に相互関係があるとも考えられています。

歯と全身の健康を守る為にも、口腔ケアを怠らないようにして、定期的に歯科医院でクリーニングを受けたりする事も大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です