様々な歯の痛みの原因

歯の痛みで思い浮かぶのは虫歯ですが、虫歯以外にも歯が痛む原因は多くあります。
今回は痛みの出るシーンに合わせた考えられる原因をご紹介したいと思います。

まず、冷たいものや熱いものが染みて痛む時には「知覚過敏」が疑われます。
知覚過敏は歯の表面が削れていたり、歯茎が下がったりして刺激が神経に直接伝わり痛みを感じている状態です。
また何もしていないのに歯がズキズキと痛むというのなら、「歯髄炎」を疑いましょう。
歯髄とは神経と血管が通っている歯の真ん中辺りの部分のことで、痛みがあるときは虫歯や歯周病がそこまで進行してしまっていると考えられます。
歯が浮くような感覚で噛むと痛みが出るときは、「根尖性歯周炎」です。
これは歯髄炎が更に悪化してしまい、歯の根元から周囲に炎症が起こることで骨が溶け膿みが溜まっている状態です。

いずれの痛みの場合でも歯に異常が起こっているのに変わりありませんから、しばらくして痛みが無くなった場合でも、歯科医に診てもらうようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です