虫歯予防にお茶が効果的な理由

緑茶を飲むと虫歯予防になるという話を聞いたことはないでしょうか。
その理由として緑茶には多量のフッ素が含まれていることが挙げられ、コップ1杯約100ccの緑茶を1日1回飲むだけで虫歯予防に繋がると考えられています。

また、フッ素だけでなく緑茶に含まれるカテキンには殺菌作用があるので、虫歯菌を多く死滅させたり、細菌が出している毒素を解毒する作用もあるそうです。
他にもお茶には砂糖が入っていることが少ないので、そうした面からも虫歯のリスクが減らせることになります。

フッ素は過剰摂取すると身体に良くないとも聞きますが、お茶に含まれているフッ素はコップ1杯で多くて0.22〜0.35mg程度です。
成人のフッ素摂取量の上限値は10mgなので、余程のことが無い限りこの上限値を超えることは無いので安心してください。

緑茶以外にもノンシュガーの紅茶はフッ素が多く、烏龍茶は歯石抑制作用もあるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です