矯正治療費に幅がある理由

矯正歯科治療の費用はかかるクリニックによって様々で、さらに非常に幅が広いことからも、どのクリニックで受ければ良いのか悩む種の1つになってしまっていると思います。

矯正治療の費用にかかる内訳は基本的に、カウンセリング料、検査・診断料、矯正装置・施術料、調整料、保定訂治療中の経過観察料で、他にも細かいところですと抜歯・補助装置・虫歯治療、クリーニングにも料金が発生します。
これらの中で最も大きく治療費の違いに影響が及ぶものが、矯正装置料・施術料、そして調整料です。

矯正装置の費用では、まず装置やワイヤーの選択で費用が異なりますし、表に設置するタイプの装置に比べて裏側で目立たずに設置できる装置は費用が高くなります。
技術料は骨格的なズレが大きかったり、抜歯が必要だったりと、高い技術を必要とする場合には金額が大きくなってきますし、調整料は治療期間が長くなればなるほど金額が高くなってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です