寝起きの口臭を防ぐ方法

寝る前に歯磨きをしたはずなのに、朝起きたら何だか口臭が酷いという経験は多くの方があると思います。
朝起きた時にそのように口臭がするというのは、口の中に殺菌が繁殖しているからです。つまりこの寝起きの口臭を防ぎたい場合、この殺菌の繁殖を抑えるようにすればいい訳です。

その対策の1つ目は、寝ているときの口呼吸を改善するというのがまず挙げられます。
寝る前は鼻呼吸だけど夜中何となく起きた時には口呼吸になっていた、というのなら、口を大きく空ける「あいうべ体操」等を行なって口呼吸にならないように改善していきましょう。

2つ目の対策は舌の汚れを防ぐということで、舌専用のクリーナーを使って舌に付いた汚れ「舌苔」を綺麗に磨きます。
この舌の汚れはこびりついてしまっていると1回では落とせませんので、無理に1回で落とそうとはせずに少しずつ落としていくようにしてください。

そして最後に、マウスウォッシュなどの先口剤を使うというのも1つの口臭対策になります。
寝る前の歯磨きとマウスウォッシュを併用することで、口の中の殺菌に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です