やっているかもしれない危険な歯磨き方法

良いと思ってやっている歯磨きの方法でも、実は歯にとっては「危ない」歯磨きになっているかもしれません。
今回はそんな「ダメ」な歯磨きの方法についていくつかご紹介致します。

まず、食後すぐに歯を磨いてしまうのは間違った歯磨き方法です。
食後は食事によって口内が酸性になっている為、その状態で歯磨きをしてしまうと、酸によって柔らかくなっている表面のエナメル質を傷付けてしまいます。
食後に歯を磨くのなら最低でも30分は時間をあける必要があります。

次に、歯磨き粉を付ける前に歯ブラシを水で濡らしてしまっているのならそれもNGです。
水で歯ブラシを濡らしてしまうと磨いた時、すぐに歯磨き粉が泡立ってしまうので、短時間しか磨いていなくても大量の泡で長時間磨いた気になってしまいます。
そうすると磨き残しも多くなってきてしまうので、歯ブラシは濡らさずに歯磨き粉だけ乗せて磨くようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です