鼻炎と歯痛の関係

風邪を引いてくしゃみが止まらなかったりする副鼻腔炎と歯痛には、ちょっとした関係があるのです。
くしゃみや鼻をかんだ時に歯が痛くなった経験がある方は要チェックですよ。

副鼻腔は上顎の奥歯に近い箇所にあるので、虫歯の痛みと勘違いされやすいと言われています。
さらに副鼻腔炎が歯の周りの歯根膜にまで広がると、なにかを噛んだ時に痛みが出る様になってしまい、他にも炎症が歯の根元を圧迫してしまうことで歯が浮いたような感覚に陥ることもあります。

虫歯と副鼻腔炎による痛みを見極める為には、痛んでいる歯の本数を確認してみましょう。
虫歯の場合は特定の一本の歯が痛むのに対して、副鼻腔炎による歯の痛みは2、3本の複数の歯がまとめて痛みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です