銀歯以外の差し歯の選択

銀歯からレジンやセラミックの歯に変えようとお考えの方に、今回はそれぞれの特徴についてご紹介致します。

レジンは簡単で便利、そして保険が適用されることから必要になる費用も少ないのが特徴です。
しかし着色のしやすさや噛む力ですり減ってしまう可能性が高いことから、大きい面積を治したい時には不向きな素材となります。

一方でセラミックは金属を一切使用しないことから金属アレルギーを起こさないことが一番の特徴でしょう。
また審美的な点にもこだわることができ、本来あった歯に近づいた色味にすることも可能です。
更に着色しにくいだけでなく、万が一色が気になり出してきたらクリーニングを行なうだけですぐに元の色に戻らせられます。
しかし自費治療になるためどうしても費用がかかってしまうのがデメリットでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です