正しい歯の磨き方

むし歯や歯周病を防ぐには、歯磨きによって歯垢(プラーク)をしっかり取り除くことが大切なのです。
プラークとは、生きた細菌の塊のことで、むし歯や歯周病の原因になります。歯と同じような色で、ベロで触れるとザラザラしたような感触があります。
プラークが付きやすい場所は、歯と歯茎の境目、歯と歯の間、噛み合わせの面などです。これらの箇所に歯ブラシの先が届くように心がけて歯磨きしましょう。力を入れ過ぎて磨くと歯肉が下がり知覚過敏の原因となってしまうので、歯ブラシの毛先が広がらない程度の軽い力で磨きます。大きく動かして磨くと、汚れが取れず毛先がすぐに広がってしまうので、歯1、2本ずつ小刻みに磨くようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です