インプラントのデメリット

インプラントは金属で出来ている為に虫歯になるということも無く、天然歯よりは丈夫である点が特徴でしょう。
しかしインプラントには天然歯には無い弱点がいくつかあります。

天然の歯の周りには薄いお肉の層である歯根膜があり、食べカスが歯周ポケットに侵入するのを防ぐ力が働くだけでなく、歯の力を吸収するクッション的な役割も担っています。
一方インプラントにはこの歯根膜がありませんので、食べカスがインプラントと歯茎の間に侵入しても追い出すことが出来ません。
また力もダイレクトに伝わってきますから、強い力を受け続けてしまうとインプラントが弱ってきてしまいます。

更にインプラントも天然歯も歯周病になってしまう可能性がありますから、どちらでも日頃のメンテナンスが必要となってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です