虫歯治療の限界、インプラントの治療について

虫歯を何度も繰り返してしまい、同じ回数歯科治療を繰り返してしまう事で、歯は段々と薄くなってしまいます。
その薄くなった歯が虫歯になってしまうと、最終的に底が抜けてしまう可能性もあります。
こうなった状態の歯は被せものも出来なく、歯の保存自体が難しくなってしまっていますので、抜歯をする必要が出てきます。

そして歯を失ってしまう時に行なわれるのがインプラント治療です。
インプラントはアレルギーのリスクが低いチタン製のものが多く、顎の骨に埋め込んで周囲の骨に生着させることで、失った歯の土台として活躍してくれます。
インプラントはあくまでも土台の役割ですので、噛めるようにする為にはインプラントの上に土台を設置し、更にその上に被せものをする事で、本来の歯の機能とほぼ変わらずにお使い頂けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です